環境保全活動「ビーチクリーン」

  • HOME »
  • 環境保全活動「ビーチクリーン」

2021年6月26日(土) 北海道小樽市銭函海水浴場

今年も銭函海水浴場で「ビーチクリーン」を実施しました。
天気は晴れ!
突き抜けるような青空のもと、社員と社員のご家族を含め、28名の方が参加してくれました!

ビーチにはマスク、ペットボトル、空き缶、木片、ビニール袋、タバコの吸い殻などが散乱していました。
外国語がプリントされたプラスチック製品も落ちていて、世界はつながっていると感じました。

みんなで協力して、ゴミを拾いましたが、とても苦労したのが、小さくなってしまったゴミ。
砂の中に埋もれていたり、木屑などと絡まっていたり。海洋プラスチックの問題を目の当たりにして、本当に深刻な状況だと思いました。

 

◆ ◆
こうした実状を地元の方はどう感じていらっしゃるのか。
ZENIBAKO BASEの中家様にお話を伺いました。


———-
海の近くで暮らしていると、毎日のようにゴミを目にします。
ゴミ拾いなどの活動を行ってはいますが、なかなかゴミは減らない。
海岸にあるゴミは「海に来た人が捨てていくケース」と「海から流れてくるケース」があり、どちらもすぐに解決することは難しい。

 

 

 

 


海洋プラスチックの問題も深刻だと感じています。
プラスチック製品は安価で便利ですが、反面ゴミを増やす要因になっていると感じます。

まずは、こういった実状を一人でも多くの人に知ってもらい、意識が変わっていくこと。
みんなが環境問題に目を向け、考えて、行動することが当たり前の世の中になることを願っています。
———-

 

 

私たちは、ビーチクリーン活動を通して、地元の方々が常々感じていることを体感し、海のゴミ問題について、とても考えさせられました。
一人ひとりで出来ることは小さく、限られているかもしれませんが、「モノを大切にする」「ゴミを適切に処分する」など、普段の生活から取り組み、積み重ねることが大切だと感じました。

私たちがこうして、ビーチクリーンを実施できるのも、地元の方々の協力があってこそ!
今年も「銭函海水浴場組合の方々」「ZENIBAKO BASEさん」「小樽市清掃事業所の方々」に助けていただきました。


ビーチクリーン後には、ZENIBAKO BASEさんで昼食をいただきました。
日当たりの良いテラス席で、みんなでキレイにした海を眺めがらおいしい食事を食べて、参加者一同、最高の1日を過ごすことができました!
ありがとうございました!!

https://zenibakobase.owst.jp/

■活動の結果

■参加者(クリエイティブ・コンサルタント社員)の声
ニュースや雑誌などのメディアで、海洋ゴミ、海洋プラスチックなどが取り上げられ、海が汚染されているという実状を見聞きする機会が増えています。
メディアを通して見ていると、どこか遠くのことのように感じてしまいがちですが、地元の方のお話を伺い、ビーチクリーンを通して実状を目にすると、本当に深刻な状況なんだなと実感しました。
普段の生活の中でゴミを減らす工夫をするなど、出来ることから取り組もうと思います。

■参加者(クリエイティブ・コンサルタント社員のお子さん[小学生])の声
自分でゴミを拾ってキレイにした海で遊んで楽しかった。
チーズドックもポテトもジュースも全部おいしかった。また海を掃除して、ごはん食べたいです。
地球にやさしくすることができて良かったです!

PAGETOP
Copyright © 株式会社クリエイティブ・コンサルタント All Rights Reserved. icon by Icons8.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.